毎日の健康習慣として青汁ライフを始めよう!

青汁のおいしい飲み方

青汁のもっとも体によい飲み方は、「そのままストレートに飲む!」ですが、やはり近年飲みやすくなってきたとはいえ、そのままではちょっと飲めない、または飲みづらいという人もいらっしゃるでしょう。そんなときは青汁となにかで割って飲めば かなり飲みやすくまたおいしくいただけます。牛乳で割ってみたり、フルーツジュースで割ったりハチミツなどを加えて飲んでも飲みやすくなります。

青汁を飲みやすくアレンジ!

こちらで青汁のアレンジ例を少しご紹介しますが、アイディアと工夫で色々試してみてください。

●お子様向けに、フルーツジュースと混ぜる

オレンジジュースやリンゴジュースなどと一緒に混ぜると果物の甘さが加わるので、大変飲みやすくなります。 お子様の好きなフルーツジュースと混ぜる良いでしょう。

●レモン汁によって、さわやか風味に

レモン汁を1〜2滴まぜると、レモンの酸味がさわやかに効いて飲みやすいです。 1〜2滴ぐらいがちょうどよいと思いますが、量はお好みでどうぞ。ですが入れ過ぎには注意を!

●ハチミツとあわせる

自然な甘さをつけたい場合は、ハチミツが有効です。ハチミツの成分は、果糖とブドウ糖が70%をしめています。残りは水分です。ブドウ糖や果糖は砂糖のように分解してから消化する必要がない単糖類なので、ハチミツに含まれている豊富なビタミンやミネラルも自然に吸収することができます。
ただし、ハチミツは青汁と混ぜても溶けにくいので、シェーカーやミキサーを使うとすばやく混ぜることができます。
※はちみつは天然品なのですが、1才未満の乳児には与えないほうがよいようです。
(天然のはちみつには、ボツリヌス菌が入ってしまうことがあります。腸内細菌が少なく発達が未熟な1歳未満の乳児が食べると、幼児ボツリヌス症を起こす場合があります。)

●牛乳、ヨーグルトなどを混ぜてマイルドに

水の代わりに牛乳やヨーグルトを青汁に入れると、まろやかな味わいになります。

●冷たいお茶で割る。

甘いもので割るのが苦手という方におすすめです。ちょっと本格的な茶道のようなお茶感覚で楽しく飲むことができます。
※熱いお茶やお湯では割らないでください。ビタミン、葉緑素等の貴重な成分が熱でこわれてしまいますよ。

●きな粉を混ぜる

ちょっとざらざら感がありますが、きな粉の甘みで、おいしく飲めます。また、きな粉は、大豆をいって粉にしたもので、 大豆に一番近い大豆加工食品です。大豆は「畑の肉」といわれ、多くの栄養素が含まれています。きな粉とまぜあわせれば大豆サポニン、大豆レシチン、イソフラボンなどの大豆成分も摂ることができます。

●リンゴ酢、黒酢をまぜる

青汁の独特な青臭さが、抑えられます。
ただ、主成分の酢には強い酸味がありますので、お酢になれている方でないと余計に飲みにくくなってしまうので注意が必要です。お酢が好きな方向けの飲み方といえるでしょう。

Favorite

キングベッド
http://www.innovation-life.jp/
東京の観葉植物レンタル依頼は【レンタル39】
http://www.rental39.com/
医療用ウィッグ
http://www.iryouyouuiggu.net/

ページ上部へ青汁